お金持ちが、絶対に買わないもの。

投資哲学

みなさん、こんばんわ!ウホゴリです。

お金持ちになるには…

まず、お金持ちが何を考えているのか考える。お金をたくさん持っている人のマネをするだと思っています。

ということで本日は、お金持ちが絶対に買わないものを紹介したいと思います。

お金持ちが買わないものを、金持ち目指している私たちが、購入してはいけないですよね。笑

お金持ちは「宝くじ」を絶対買わない。

お金持ちは、宝くじを絶対に購入しません。

正確に言うと、しっかりとした金融リテラシーを持ったお金持ちは、宝くじを買いません。

理由は、単純明快で儲からないからです。

もっと言うと、買ったその瞬間から価値は急激になくなり、確実に損をします。

どれくらい価値がなくなるかというと、還元率(払い戻し率)と控除率という言葉があり、これは自分たちに戻ってくる金額の率と、運営(胴元)に入る金額を表しています。

この還元率が高くなればなるほど、自分に戻ってくるお金が増え、運営側に入るお金が少なることから損をする金額が減るということなのですが…

宝くじは、なんと驚異の還元率45.7%です。

なので、自分が1万円を宝くじに投じた場合、その瞬間から、価値が4,750円になるということです。

半分以上が運営(銀行)に持っていかれることになり、1万円と5,000円を交換していることになります。

それなら、当てれば文句ないでしょ!夢を買ってるんだ、文句つけんな!という方もいると思いますが、

コチラをみると1ユニット2,000万枚が12ユニットあるので、全体で2億4,000万枚の宝くじが存在しています。

1等、3億円が当たる確率は、12本あるので…

12本/2億4,000万枚となり=0.00000005%となります。

おとなしく、宝くじを買うのは辞めておきましょう。笑

<span class="bold">ウホゴリ先生</span>
ウホゴリ先生

銀行はアコギな商売やで~

その他、ギャンブル(投機)の還元率。

その他のギャンブルの還元率と管轄庁は以下の通りになります。

  • カジノ    93~98%  管理委員会
  • パチンコ   80~85%  警察庁
  • 競馬     70~80%  農林水産省
  • 競艇     75%     国土交通省
  • 競輪     75%     経済産業省 
  • オートレース 70%     経済産業省
  • 宝くじ    46%     総務省

見比べてみても、宝くじの還元率の悪さは、ズバ抜けて目立ちますね。笑

伝えたいのは、お金持ちは宝くじを絶対にやらないということです。

ギャンブル自体をするなと言っているわけではないので、ご了承ください!

もしするのであれば、出来るだけ還元率が高いものを行うことをお勧めします。

どうせやるなら、お金が増えて戻ってくる確率が高い方がいいですもんね!

ただし、見てもわかるように、還元率が100%を超えるものは1つもありません。

長くやればやるほど、胴元にお金が流れてしまうので、ほどほどに嗜む程度にしておきましょう。

余談になりますが、ギャンブル業界を管轄しているのが国って言うのは少し意外ですよね。笑

ギャンブル業界は各省庁の貴重な資金源かつ天下り先になっています。

<span class="bold">ウホゴリ先生</span>
ウホゴリ先生

こうやって、数字で見てみると面白いよね。笑

まとめ

本日は、お金持ちが絶対に買わない宝くじについてと、各ギャンブル(投機)の還元率について触れました。

お金持ちは、宝くじに限らず、一獲千金を狙うようなものには手を出しません。

着実なものをコツコツ積み上げてきたからこそ、お金持ちであって、本当のお金の価値を知っています。

なので、これからもお金持ちで、あり続けます。

宝くじが当たらないとは言いませんが、当たったとしても正しいお金の使い方を知らないので、すぐに泡となって消えてしまうでしょう。

なので、皆さんも一獲千金を狙うのではなく、お金持ちのマネをして、コツコツ着実にお金増やしながら知識を身につけることをお勧めします。

<span class="bold">ウホゴリ先生</span>
ウホゴリ先生

投資の世界も急がば回れだな!うん。

コメント

タイトルとURLをコピーしました