NISAと積み立てNISAの違いについて。

投資

みなさん、こんばんは!ウホゴリです。

本日は、普段から質問が多い、NISAと積み立てNISAの違い。

NISA、積み立てNISAのどちらがいいかについてお話していこうと思います。

ここ1、2年で証券口座を開設する人が増え、この質問が本当に多くなったように感じます!

2024年には新NISA制度誕生が控えていたりなどしますので、NISAの制度をしっかり理解し、フル活用していけるようにしましょう!

NISAと積み立てNISAの違い

まず、NISAという制度は年間決められた額以下の投資で得た利益(売却益、配当など)が、非課税となり優遇される制度となります。

その中で、NISAと積み立てNISAに分かれており、非課税投資期間、年間積み立て可能額、投資対象がそれぞれ違うので、自分に合っている方を選択する形となります。

主な違いは、

【NISA】

  • 非課税投資期間  5年間
  • 年間積立投資額  120万円まで(総額600万円)
  • 投資対象     株式、ETF、投資信託ほとんど全てが選択可能

【積み立てNISA】

  • 非課税投資期間  20年間
  • 年間積立投資額  40万円まで(総額800万円)
  • 投資対象     積立投資を前提とした金融庁が定めたガイドラインに合致したもののみ(インデックスファンド、ETFなど)

となります。

よく勘違いされがちなのは、このNISA制度自体が、投資の元手を作るための優遇制度となりますので、非課税投資期間が終わったら、はい!終わり!ではなく、むしろその後の運用が大事だということを頭に入れておきましょう!

主な注意点は

【注意点】

  • 年間積立投資額の余った枠は翌年に繰り越せない。
  • 損益通算が出来ない為、損失が出る場合は注意。
  • 短期売買には不向き。

となります。

恐らく、一番気を付けなくては、いけないのは、1番目の余った枠を翌年に繰り越せないです。

NISAなら、年間120万円。

積み立てNISAなら、年間40万円の枠をフルで活用することを意識しましょう。

そのうえで、お金に余裕があり、個別銘柄などでガンガン投資を行いたい方は、年間120万円使えるNISAを。

ゆっくり、コツコツ決められた額を投資したい方、投資初心者の方などは年間40万円の積み立てNISAを選択すると間違いないでしょう!

<span class="bold">ウホゴリ先生</span>
ウホゴリ先生

NISA制度、万歳!!!

2024年から始まる新NISA制度

2024年の新NISAは、従来の「一般NISA」より少し複雑な仕組みになります。

従来の「一般NISA」は、年間120万円までを5年間運用出来ましたが、「新NISA」は2階建て構造になり、原則1階部分にあたる、年間20万円までの積立投資を行う必要があります。

イメージ的には、従来の「一般NISA」と「積み立てNISA」が合体するような制度になるイメージです。


【出典:東証マネ部】

【2024年新NISA】

  • 非課税投資期間  5年間(口座開設期間2024~2028年まで)
  • 年間積立投資額  【1階】20万円、【2階】102万円、【合計】122万円
  • 投資対象     【1階】現積み立てNISA対象商品、【2階】上場株式、株式投信など

これにより、従来の「一般NISA」、「積み立てNISA」を始められている方ともに、2024年~2028年までに口座開設可能期間が定められたことにより実質5年延長されたことになります。

積み立てNISAは2042年まで。

<span class="bold">ウホゴリ先生</span>
ウホゴリ先生

今から従来のNISA制度を活用すれば、その分期間が延長されることになるから3年待たないで今すぐ始めて、2024年になったら新NISAの方に切り替えよう!

まとめ

いかがだったでしょうか?

本日は、従来のNISAと積み立てNISAの違いに触れ、2024年から始まる新NISAについて説明する内容となりました。

投資の制度が、他の先進国と比べると、まだまだ整備されてない状況ではありますが、少しずつ増えてきた印象はあります。

これからどんどん投資がしやすい環境、浸透しやすい環境というのが増えてくると嬉しいですよね!

NISA制度は、サラリーマンが出来る数少ない節税制度の一つでもあるので、しっかり活用していきたいところですね!

また、本来のこの制度を国が押している理由なども考えながら始めると、今の社会、経済状況などがわかっておもしろいかもしれないですよ?

<span class="bold">ウホゴリ先生</span>
ウホゴリ先生

要は、自分たちで運用して年金、退職金の代わりを作るようにということかな??

コメント

タイトルとURLをコピーしました