【大悲報】一時、-30%減、今回の仮想通貨大暴落について。

投資

みなさん、こんばんは!ウホゴリです。

先日、仮想通貨の大暴落が発生し、世間を騒がせました。

チャートは、滝のように落ち続け、最近はそこまで大きな変動がなく落ち着いたように感じていたので、久々に洗礼を受けた方も多いのではないでしょうか。

今回は、暴落が起きた要因について考えていきたいと思います。

今回の考えられる、暴落要因。

2021年4月に最高値を付けたビットコインですが、ここ一か月ちょっとの間で半値近くまで価格が下がっています。

ここ最近、仮想通貨にとってあまりよくないニュースが多かったのですが、それが今回の暴落の要因になっているのではないかと考えられます。

~要因と考えられるマイナスニュース~
  • 米テスラ、ビットコイン利用の車購入停止(5/13日)
  • 米政府、米国内の1万ドル以上の仮想通貨送金取引に報告を義務付ける方針、発表(5/20日)
  • 中国のビットコイン、マイニング(新規ビットコイン獲得)、取引の規制を強化する方針、発表(5/21日)

ひとつずつ、見ていくと、

まず、テスラのビットコイン利用停止のニュースですが、今年の上げの要因としてテスラのビットコイン購入、ビットコイン利用のテスラ車購入開始など、テスラ関連の動向が大きくビットコインの価格に関与してきました。

テスラで上げた分を、このテスラのビットコイン利用停止のマイナスニュースで、全部吐き出してしまった感が否めないなといった印象です。

また、テスラのCEOを務めるイーロン・マスク氏の発言も大きくビットコインの価格に影響を与えているため今後の発言次第でプラスにもマイナスにも動くと予想しています。

次に、米政府の報告義務方針については、他2つのニュースに比べると、そこまでインパクトはなく、いままで曖昧だった仮想通貨についての法整備が少し整い始めてきたのかなくらいの印象で、このニュースによる影響で長く仮想通貨の価格下落が続くとは考えられないかなと感じています。

最後の、中国政府のマイニング規制強化は、この中で一番インパクトがあり、価格にもダイレクトに反映されたように感じます。

マイニングとは、ビットコインのシステムに必要な処理の一部をコンピューターで手伝うことにより、報酬として新規ビットコインを獲得できる制度の事です。

これまでのビットコインは中国のマイニング業者によって多くが支えられてきました。

このニュースによる下落はしばらく続くと予想されますが、長期で見た場合、一時的なもので、むしろ絶好の買い場が訪れたと考えています。

<span class="bold">ウホゴリ先生</span>
ウホゴリ先生

ここで買えるかが、勝負の分かれ道やな!落ちるナイフを掴めるかどうか!

この暴落について、どう考えているか。

私は、以前にビットコインについて年内1,000万円は通過点だと考えているという内容の記事を書いています。

今回の暴落で、特に考えは変わっていなく相変わらず、年内1,000万は通過点だと考えています。

なので今回の暴落で、価格が下がったことはプラスに捉えていて買い場が訪れたと判断しています。

ビットコインの過去の動きを見ると、上昇した後に価格が半値近くまで下がるという動きは、度々ありました。

仮想通貨の、本質的な価値を覆すようなニュースで下落している場合は、考えを改めなくてはなりませんが、今回のニュースはどれも外的要因のもので仮想通貨自体の本質的な価値に変わりが生じたようには到底思えません。

株などもそうですが、外的要因の下落は、一時的な物であり、長い目で見た場合、絶好の買い場だということは過去が証明しています。

外的要因のニュースに流されることなく、本質的な価値を見分け、価値あるものが下落しているときに投資が行えるかどうかが投資の世界で勝者と敗者を分ける分かれ道となります。

投資はあくまで自己判断ですが、この考えは今後、大きく役に立ちますので頭の片隅に置いておくことをおススメします!

<span class="bold">ウホゴリ先生</span>
ウホゴリ先生

要は、みんなと逆の動きが出来るかどうかだね!

まとめ

いかがだったでしょうか?

本日は、仮想通貨の暴落について触れ、考えられる要因と、この暴落によって仮想通貨に対しての考え方の変化の有無についてお話しすると言った内容になりました。

確かに、暴落するのは気分がいいものではありませんが、暴落しても買いに行けるような自信があるものにしか投資を行ってはいけないなと感じています。

今回の暴落が仮想通貨の未来に陰りをもたらす出来事とは考えておりませんので、みなさん、今後の仮想通貨の動きに着目していきましょう!

<span class="bold">ウホゴリ先生</span>
ウホゴリ先生

しかと、刮目せよ!!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました