【増えた資産の現金化】30年以上資金が底を尽きない、魔法の「4%ルール」

投資哲学

みなさん、こんばんは!ウホゴリです!

資産運用は、資産を効率よく増やしていくために、行われるものですが、実際行っていると、増えた資産をどう、現金化するのか?という疑問にぶち当たります。

そこで、今回は、資産運用の出口となる現金化というところで、なるべく「資産を取り崩さずに現金化」していく方法をご紹介していきたいと思います。

取り崩しても資産が減らない、魔法の「4%ルール」とは?


みなさん、「4%ルール」をご存じでしょうか?

「4%ルール」とは、アメリカのトリニティ大学の大学教授3名によって1998年に公開された、金融理論で、【Trinity Study】という研究から導き出されたものになります。

この、「4%ルール」は、FIRE後の生活によく当てはめられ、FIREとの関連性も非常に高いです。

FIREについては、過去に記事を書いているので、そちらをご覧ください。

「4%ルール」の内容はというと、1926年~1995年の70年間を対象として、金融資産に対する取り崩し額と資産維持機関の関係の調査結果で、元本に対して、取り崩し率を【4%】に設定すると、30年後も95%の確率で資産残高が残っているというものです!

4%ルール】

  • 金融資産の組み合わせ【株式50%:債券50%】
  • 資産から毎年取り崩す割合【4%】
  • 取り崩し期間【30年】

株50%:債券50%→取り崩し率4%→30年後に資産が残っている確率95%

普通に考えると、4%を毎年切り崩すと、「4%×25年=100%」になるので25年で0になってしまうと
思いきや、運用しながら取り崩すと資産は長生きするのです。

しかも、資産残高が残っているだけでなく、中央値ベースで8倍に成長しているという結果も出ています。

FIREを例に例えると、

7,500万円をもって引退し、毎年4%(300万円)を取り崩し続けると、30年後に資産残高が6億円に増えているということ!

これは、一番いい結果でこう!ということではなく、中央値なのだから、驚きです。

もちろん、【Trinity Study】の対象期間である1926年~1995年の間には、暴落や弱気相場も含まれています。

では、この4%ルールの【4%】は、どこから来ているのかというと以下の通りになっています。

▼【4%ルール根拠】▼

  • 米国の株式市場の年間成長率【7%】
  • 米国の年間インフレ率【3%】
  • 米国株式の年間平均成長率【7%】- 年間インフレ率【3%】=【4%】
<span class="bold">ウホゴリ先生</span>
ウホゴリ先生

まさに魔法やなΣ(゚Д゚)

「4%ルール」を使って取り崩す方法は、大きく分けて2つ

「4%ルール」を使用して資産を取り崩す方法は大きく分けて2つあります。

  1. 引退時の資産残高×4%を定額で切り崩し続ける方法
  2. 毎年の資産残高×4%を定率で切り崩し続ける方法
引退時の資産残高×4%を、定額で取り崩し続ける場合

【例】50歳で早期リタイアするとき、7,500万円の資産があったとします。

  • 1年目の取り崩し額…7,500万円×4%=300万円
  • 2年目の取り崩し額…7,500万円(引退時の資産残高)×4%=300万円
  • 3年目以降    …ずっと同じ

これが上記でも記した、4%ルールの引退時の資産残高に×4%相当の金額を定額で取り崩していく方法で30年後に資産残高8倍も期待できるパターン!

毎年の資産残高×4%を、定率で取り崩し続ける場合

この方法は、インデックス投資の名著「ウォール街のランダム・ウォーカー」でも紹介されている手法で、毎年の資産残高×4%を定率で取り崩す手法。

  • 株式の平均リターンは7%、債券の平均リターンは4%
  • 株式50%:債券50%のポートフォリオを組むと期待リターンが5.5%
  • インフレ率を1.5%と想定

毎年の期待リターン5.5%にインフレ率も考慮して、想定インフレ率を1.5%ととし、ポートフォリオの実質リターンである4%(5.5%-1.5%)を毎年資産から取り崩すといったパターン

【例】

  • 資産が1,000万円なら約40万円
  • 資産が3,000万円なら約120万円
  • 資産が5,000万円なら約200万円

また、下記の事を意識して取り組むと資産は半永久的に長持ちします。

  • ポートフォリオの期待リターンより小さい%を取り崩す
  • インフレ率を高めに設定して計算する
  • 暴落、弱気相場では取り崩し額を抑えめにする

どちらも「4%ルール」と呼ばれております、どちらの手法を選択しても問題ありません!
それぞれの手法がごちゃ混ぜにならないようにだけ気を付けましょう。

<span class="bold">ウホゴリ先生</span>
ウホゴリ先生

これを、覚えていたら基本ばっちりだね!

まとめ

いかがだったでしょうか?

本日は、増えた資産を切り崩しても資産残高が減らない、魔法の「4%ルール」について紹介、解説いたしました!

「4%ルール」について、それは、昔の研究結果でしょ?という方もいらっしゃると思いますが、実は2011年に【Trinity Study】著者、2018年には他の研究者によって【Trinity Study】はアップデートされていて、結論はそう大きく変わっていません。

積み上げてきた資産を守りながら使う、また、FIRE後の生活でも大いに役立つ基本的な考えになりますのでマスターできるようしっかりと押えておきましょう!

<span class="bold">ウホゴリ先生</span>
ウホゴリ先生

これで、出口も完璧だね!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました