年収1億円以上を稼ぎ出す人の中で一番多い職業とは。

投資雑談

みなさん、こんばんは!

ウホゴリです。

突然の質問なんですが、みなさん、年収1億円を稼ぎ出す職業がどんな職業か、パッと思い浮かぶでしょうか?

年収の高い職業ならば、医者や、弁護士、外資系の企業に勤めている方、社長などを思い浮かべる方が多いと思うのですが、それでも1千万、2千万、高くて3千万円の世界…

なかなか、年収1億円というのは想像できませんよね。笑

かなり職種も縛られてきそうなイメージですが、今回は、そのようなお話をしていこうと思います。

実は、年収一億円を稼ぎ出す割合が一番多い、意外な職業

国税庁が2019年に発表した統計年報によると、2019年に1億円以上を稼ぎ出した人の数というのは、「2万3,550人」いらっしゃるようです。

2021年現在、日本国内全体の労働者人口が6,834万人なので、当てはめると、全体の0.034%しか年収1億円を稼ぎ出す人というのは存在しないという結果になっています。

3,000人弱に1人の計算になりますね…

その中で、一番多い職業の割合が一位「株・為替などのトレーダー」次に、「超一流企業の給与所得者」となっていて、

それ以下の割合は、以下の通りとなっています。

1位:株・為替などのトレーダー 56.4%
2位:一流企業の給与所得者   31.8%
3位:事業所得者        7.8%
4位:不動産所有者       2.8%
5位:作家・ミュージシャン   1.2%
出典(2017年国税庁統計年報)

このデータは2017年のものになりますが、過半数以上の割合をトレーダーが占めています。

ちなみに、3位の事業所得者というのは、自分でビジネスを展開していて、そこから収入を得ている人(農業・漁業、小売業、サービス業)を指し、

4位の不動産所有者というのは、不動産を所有してそこからの収入(売買、家賃、オフィス賃料)などを得ている人を指しています。

<span class="bold">ウホゴリ先生</span>
ウホゴリ先生

投資をしていない人からすると、1位トレーダーという答えは、逆立ちしても出てこないんじゃないだろうか

一億円を稼ぎ出す職業の割合から見えてくるもの。

年収1億円を稼ぎ出す職業の割合を見て、1位が「株・為替などのトレーダー」という結果を意外に思われた方も多いのではないでしょうか?

高年収の代名詞とされている医者・弁護士というのは組織化などをして、そこの長にならない限り年収1億円というのは難しい現状となっています。

では、なぜここまでトレーダーが群を抜いて、他の職種と比べて割合が高いのかというと、限界がないという点が挙げられます。

一流企業の給与所得者の中には、プロ野球選手なども含まれますが、給与でお金を稼ぎ出すのには限界と、いずれは引退しなくてはいけないという問題が発生します。

給与というものには相場がというものがあって青天井ではありません。

プロ野球選手であろうが、医者であろうが、GAFAMの社員であろうが70歳まで現役でバリバリ働くのには無理があり、年齢と共にピークを迎えた後、給与、パフォーマンス等、現状維持が続いた後右肩下がりに下がっていくことになります。

これは、体を資本としているためであり、極論、人間が行うことには限界があるということです。

一方、トレーダーはお金を資本にお金を稼ぐため、引退という概念がなく、またパフォーマンスも複利で年々右肩上がりに上がっていきます。

トレーダーと聞くと一見、難しいこと、高レバレッジをかけた危険なトレードをしているような想像をしがちではありますが、そんな難しいことをしているわけではなく、お金を使ってお金を稼いでいるだけです。

これが、仮に年収10億円、20億円稼ぎ出すという割合を出した場に、「トレーダー」の割合はさらに増加し、「それ以外」の割合は、さらに減少するでしょう。

この割合から見えてくることは、結局お金を使ってお金を稼ぐということがお金を稼ぐうえで一番有効な手段というわけであります。

<span class="bold">ウホゴリ先生</span>
ウホゴリ先生

トレーダーというより、投資家って考えると分かりやすいかも!

まとめ

いかがだったでしょうか?

本日は、年収1億円を稼ぎ出す職業の割合を見て、そこから見えてくるものについてお話ししました。

世の中の多くは、体と時間を提供する代わりにお金をいただくというお金の稼ぎ方が殆どです。

少々、難しい話にはなりますが、資本主義において、お金を稼ぐ方法は、お金を使ってお金を稼ぐ方法とそれ以外といったような感じで、大抵の私たちが思いつく仕事はその他に該当してしまいます。笑

本当にお金を稼ぎたいのであれば、お金を提供してお金を稼ぐといった手段の一択というように世の中はできてしまっているようです!

<span class="bold">ウホゴリ先生</span>
ウホゴリ先生

お金があるところにお金は集まると言われている所以はきっとここにある!!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました