【もう終わりだろこの国】金融庁が個人投資家の含み益に課税検討

投資雑談

みなさん、こんばんは!ウホゴリです。

今現在、金融庁が驚きなものに対して、課税を検討しており話題騒然です。

それは、「個人が所有する株の含み益から税金を徴収する」というものです。

何かと、国民から一滴でも多く税金を搾り取ろうと必死な我が国、日本ですが、やろうとしていることがもはや、めちゃくちゃで、非課税優遇制度のNISAからも税金を取るんじゃないかと思わせる勢いです。

さすがに、含み益に対して課税をするのは厳しいものがあると思われますが、本日は、怒りのブログ更新といこうと思います。

金融庁、個人投資家の含み益に対して課税を検討。

内容は、以下の通りになります。

【金融所得課税の一体化に関する研究会】(第一回):議事要旨

  • 時価評価課税の導入にあたっては、有効性と課題を丁寧に議論すべき。
  • 時価評価については、対象者全員に強制的に課すべき。
  • 一方、含み益に課税されることで、キャッシュフローがないところに課税が生じる可能性がある。
「金融所得課税の一体化に関する研究会」(第1回)議事要旨の公表について

もしこれが、仮に決定すれば、利益が確定していない為、実際に儲かったわけではないにも関わらず税金だけ取られてしまうという不測の事態に陥ります。

今まで株は、どんなに株が上がり含み益が膨らんでも、実際に売却して利益が確定しない限り、税金を取られることはありませんでした。

その為、頻繁な取引を控え、余計な税金を払わないようにするのが高パフォーマンスの秘訣とされてきましたし、含み益に税金がかからないというのは株式投資の強みの中の1つでした。

わかりやすく説明すると、

現在→株を売却し利益が出た場合、儲かったんだから税金を払ってね!というのが現在です。

これは、税率云々はありますが納得せざるおえません。

しかし、

(仮)未来→お!儲かる可能性があるやんけ!だったら税金払ってね(^_-)-☆

これはさすがに納得いきません。

含み益の時点で税金を払い、売却して利益が確定した時点で更に税金を払う。

利益が出た場合は、まだましですが、最悪の場合、税金を払った後に株価が急落して含み損になり、損切を行った場合、税金と損失のダブルパンチを負いかねません。

損失の分、税金が返ってくるのであれば、まだいいのですが恐らく返ってこないでしょう。

また、どの時点で含み益に対して課税をするのかというところも考えなくてはならず、問題点が多い為、個人的な見解では課税は無いかなと考えています。

しかし、課税されるようであればこの国は終わりだと思われます。

<span class="bold">ウホゴリ先生</span>
ウホゴリ先生

NISAに課税とか言い出さないよね?www

超重税国家、日本

みなさんも、お気づきかと思われますが、日本は超が付くほどの重税国家です。

相続税は3代で財産がなくなると言われ、生きているだけで罰金とこのようなものまで作られてしまう始末です。

▼生きているだけで罰金▼
  • 働いたら罰金→所得税
  • 買ったら罰金→消費税
  • 持ったら罰金→固定資産税
  • 住んだら罰金→住民税
  • 飲んだら罰金→酒税
  • 吸ったら罰金→たばこ税
  • 乗ったら罰金→自動車税・ガソリン税
  • 入ったら罰金→入浴税
  • 起業したら罰金→法人税
  • 死んだら罰金→相続税
  • 継いでも罰金→相続税
  • あげたら罰金→贈与税
  • 貰っても罰金→贈与税
  • 生きたら罰金→住民税
  • 若いと罰金→年金
  • 老けても罰金→介護保険料
  • 老いたら罰金→後期高齢者

働かなかったら賞金→生活保護

しかも、酒・たばこ・ガソリンに対しては、酒税、たばこ税、ガソリン税のほかに消費税と、知らず知らずのうちに2重課税を強いられています。

私たちのようなサラリーマンが日本で成り上がるには、税制面で優遇されている株式投資が唯一の方法でしたが、果たしてこの国に未来はあるのでしょうか?

これから、税金は上がることはあっても、下がることは100%ありません。

そのうえ、給料は上がらず、税金は増え、手取りは減り、益々生活は苦しくなる一方です。
【出典:ダイヤモンドオンライン】

物言わぬが美徳とされる国民性ではありますが、自分の身は自分で守るほかありません。

自分の身を守るためにも、節税の知識を身につけ、行動していきましょう。

<span class="bold">ウホゴリ先生</span>
ウホゴリ先生

日本の事は大好きだが、明るい未来への兆しは冗談抜きで一個もない。

まとめ

いかがだったでしょうか?

本日は、個人投資家への含み益に対して金融庁が課税を検討しているという内容で、日本の税金の多さに触れました。

本日はネガティブな内容が多くなりがちでしたが、裏を返せば、それほど日本の未来は暗いということです。

コロナ禍、緊急事態宣言中でみんな、我慢を強いられている中、給付の話ではなく搾り取る話が出てくる時点で終わりです。

私たちの未来は、私たち自身で守っていきましょう!

<span class="bold">ウホゴリ先生</span>
ウホゴリ先生

国には頼れない!

コメント

タイトルとURLをコピーしました