学校で教えて欲しい「r>g」の不等式

投資哲学

 みなさん、r>gこの不等式をご存じでしょうか?あまり知られていない不等式ですが、知ると知らぬとでは今後かなり差が出てくるので説明出来たらと思います。

「21世紀の資本」

 r>gとはトマ・ピケティという経済学者が15年間の研究を元に出版された本「21世紀の本」の中に登場する不等式となります。本の内容自体は莫大な実験データを用いてr>gを証明するものとなっており700ページを優に超すものとなっておりますので要点のr>gさえ押さえておけば問題ありません。(笑)

この不等式は格差が広がり続けることを表しており

「今までもこれからも、お金持ちが更にお金持ちになることは変わらない」ことを示しています。

「r>gとは」

r=資本の平均年間収益率(自分が持っている資産によって得られる収益率)

g=経済の成長率(所得などの年間増加率)

わかりやすく言うとrは利益、配当(株式投資)利子、賃料(不動産)からの収入でg給料の年間の上昇率

図からわかるようにrがgを超えることは一生ないということです。

r>g投資によって得られるリターン経済成長を上回り続けるという公式

まとめ

 他のサイトでは長ったらしく「r>g」の説明をしていますが、r資本家gは我々労働者です。資本家は楽に投資から得られる収益で年々収益を増加させますが、我々労働者は汗水たらして一生懸命働いても昇給なんて雀の涙、皆無です(笑)

そして、労働によって経済が豊かになるスピードより遥かに資本収益の方が豊かになるスピードが速いので格差が広がり続ける起因となっております。

もしこの仕組みに気づくことができたら…

 今すぐ少しづつ労働で得た資金rの方に移していきましょう。それを継続することでいずれあなたが労働者から資本家に移り変わる分岐点が来るはずです!富豪の家の子供に生まれない限り誰しも最初は労働者です。

そこからrを目指すのかgでとどまるのかでかなりその人の人生は大きく変わっていきます。少なくともお金に困るような人生を歩みたくない、会社に行くのが憂鬱と思ったことがあるという方は完全な資本家でなくとも「資本家」を目指すべきでしょう。

資本家と聞くと難しく聞こえるかもしれないけど、今の時代は1万円から投資ができる時代!だれしも、すぐに資本家を目指す行動に移ることが出来るね☺

コメント

  1. アホゴリ より:

    投資面白そうですね!

  2. あざ丸水産 より:

    投資そろそろ考えないとなぁ〜

  3. たこ より:

    rを目指す為出来る事をやってやる。

  4. […] […]

タイトルとURLをコピーしました