【爆益】コロナ禍でも爆益決算Apple

投資

みなさん、こんにちは!ウホゴリです。

先日、ウホゴリの原点にして頂点となる主要銘柄のAppleが2021年度第2四半期決算を発表したので触れていこうと思います。

Appleの第2四半期決算内容。

Apple第2四半期決算内容は、コロナ禍で様々な企業が打撃を受ける中、王者の貫禄を見せつけるかの如く素晴らしい内容となりました。

売り上げは前年同期比の54%増、896億ドル(約9兆8,000億円)、純利益は同110%増、236億ドル(2兆6,000億円)の利益を計上し、ホリデーシーズン以外の四半期としては過去最高の業績となっています。

  • 売上高 895.8億ドル(予想773.6億ドル)
  • EPS(一株当たり当期純利益) 1.40ドル(予想0.99ドル)前年比119%増

製品別で見てみると、Macの売り上げは、前期比70%増、iPhoneの売り上げは65.5%増、iPadが79%増、ウェアラブル(AppleWatch、AirPods、HomePodなど)が25%増、注目しているサービス(AppleMusic、AppleNews、AppleArcade、AppleTV+、ApplePay、AppleCareなど)が27%増、合計54%増となっています。

Mac、iPhone、iPadの売り上げが絶好調なのが見て取れます。

<span class="bold">ウホゴリ先生</span>
ウホゴリ先生

Appleほどの超大手企業がこれほどの急成長を見せるのは、驚きしかない。

Apple、増配と自社株買いプロジェクト発表

Appleは好決算に加え、現一株当たり0.205ドルの配当を7%増となる0.22ドルとする増配を発表しました。

この他に、900億ドル(約9兆8,371億円)規模の自社株買いプロジェクトも同時に発表されています。

これが、ウホゴリがAppleを保有する一つの理由となります。

コロナ禍で業績が落ち、配当どころではなく減配、無配、よくて据え置きなどの措置が取られている企業がちらほら現れる、これから現れてくる中で堂々の7%増配と株主にしっかり還元してくれています。

しかも、自社株買いにも積極的で900億ドルと、もはやわけのわからない異次元の金額の自社株を購入してくれる予定でいます。

Appleが自社の株を買うということは、市場に出回るAppleの株数が減少することになり、既にAppleの株を保有するAppleホルダーの株の価値を必然的に上げてくれることを意味しています。

この毎年の手厚い株主還元は決算発表でもあるように、とてつもない利益から来るもので、消費者独占企業のAppleだからできることになり、これがAppleを保有する一つの理由となります。

<span class="bold">ウホゴリ先生</span>
ウホゴリ先生

毎年増配してくれるし、毎年自社株買いもしてくれる。

株価を気にするのも大事だけどこっちもそれに匹敵するくらい大事。

まとめ

今回の記事は、Appleの2021年第2四半期決算の内容と、発表された株主還元について触れました。

Appleを保有していると、Appleは割高だの、金利が上がったら暴落するだの否定されることの方が多いです。笑

また、今回も同様に同じことを言われることが容易に想像できるのですが、言われ続けて5年、圧倒的なリターンを叩き出してくれています。笑

少し否定させてもらうと、Appleで割高なら他の株は本質的な価値からすれば軒並み超割高ですし、金利が上がったからと言ってAppleの圧倒的な消費者独占力がどうこうなるものではないです。

否定の声とは裏腹にこれからも圧倒的なリターンを叩き出してくれると信じていますし、気にせず買い増ししていこうとウホゴリは考えています。

<span class="bold">ウホゴリ先生</span>
ウホゴリ先生

逆にApple以外にAppleに匹敵する魅力的な銘柄を見つける方が難しくて草www

【新品未開封/保証未開始】AirPods pro MWP22J/Aエアポッズプロ Bluetooth対応ワイヤレスイヤホン Apple エアポッズ プロ アップル純正 ワイヤレスイヤホン ノイズキャンセリング ペアリング Bluetooth 白 ホワイト 正規品[ラッピング対応可]

価格:28,239円
(2021/5/2 00:20時点)
感想(803件)

コメント

  1. ハンコック より:

    私の勤めている会社は、コロナで打撃を受けているのに、凄いですね🙄

  2. 港区某大手企業勤務 より:

    初めて拝見させていただきました。初心者にもわかりやすい記事だと感じました。

タイトルとURLをコピーしました